2018年1月17日水曜日

誤摩化せないもの

今日撮影に行って来ました。
ここ一年で、今まで自分がお洋服に感じてきた見せ方とは違った見せ方を感じています。
お洋服と自分を一体化させることは勿論なのですが、そこからまたお洋服の絶妙に美しく見える場所があって、それはエナジーや雰囲気とかでは誤摩化せないです。お洋服への細やかな配慮と対話も必要で、まだまだ難しいのですが、お洋服って本当に美しく作られていることに最近は深く感動をすることが多いです。同時に今まで何をやってきたんだと落ち込む事もあります。

自分の中にちょっとした遊び(余白みたいなもの)も無いので、もう少し服を着る事や見せることが身体に入って、お洋服と人との関係性が絶妙だと痺れる日がくるのを待ちわびています。(←自分のこと) 先が長いです。
「服を着るということ」「服を魅せるということ」というのが最近の秘かなテーマです。
今は見るもの全てが勉強になるので、なぜか明日からパリに数日行って来ます。
昔クリスチャンディオールさんの伝記を読んでチューリップのような愛らしい印象を覚えて、本当はクリスチャンディオールの素晴らしいと言われている展覧会を観に行きたかったんだよう。
パリに行く頃には終わってしまっていたんだよう)



これは今月号のミセスです。
ディオールのお洋服です。


2018年1月13日土曜日

新年会だよFRIDAY

今月号のミセスを見ていて一番心に残ったページは
「一つ目の人生が素晴らしければ二つ目はもっと素晴らしい」


昨日事務所の新年会がありました。40人近くモデルが集まって、新人のモデルもたくさん居て、一人一人を見ながら、なんて才能の溢れた空間なんだろうと思った。

上京して来た時に色んな人に話を聞いた。一番最初に話した人は、住んでいたマンションの隣の隣の隣くらいにあった古本屋のおじちゃんだ。
「おっちゃん!」と話しかけたのが最初。東京に来てすぐに仕事があるわけでもなく暇で暇で仕方が無かったので、とりあえずおもしろい本はないかと聞いた。そしたら本以上に色んな事を教えてくれた。帰り道に自分のマンションを通り越して古本屋に寄って帰っていた。「これからこうしていきたい、ああしていきたい」と話しては色んなヒントを貰って、すぐに実践してみた。

自分の中で大きな事と言ったら、やはり海外戦に行く事だった。
中学校ソフトボールで市で優勝をしたら県大会に行ける。高校バスケットで県大会でベストフォーに入ったら近畿大会に行ける、どんどん世界は大きくなって行った。でも自分のやっていることはいつもと変わらないのだ。始めた頃は早くうまくなりたい、早く分かるようになりたい。そればかりだった。だけどそれを越えると積み重ねていく一方だ。凄いプレーをみては感動し、トライしてみる、それを本試合で自分のものにするには本当に時間がかかる。勇気もいる。
何したってシュートが入る日、何してもシュートが入らない日、そんな自分の弱さに怯える日、それでも自分に勝つために続けなければならない。とにかく続ける事だ。

モデルになって自分の生身の身体で世界戦に挑みに行く日がやってきた。初めて自分の足で世界のコレクションに出た時、古本屋のおじちゃんは「足を運ぶとは運と書く」と言ってくれた。そのコレクションの道を歩くまでに、人生と道に迷っていた私はイギリスのヘッドブッカーに偶々拾われたわけなのだが、「人生はたった一人の人と出会うだけで人生が変わる」と、これも東京に来てある人に言われたことだ。

そして今、古本屋のおじちゃんは「一度成功をした人は次も成功する」と言う。成功をしたということを自分自身が持つということが大事なんだそうだ。自分はまだ成功もないけれど、こうしようとイメージしたことに対して必ず向かうということ。
昨日はたくさんの才能に出会って、それぞれにとって人生が変わるような出会いを楽しんでほしいと思った。市、県、全国、世界、それぞれに大きな世界がたくさんあるし、世界中には素敵な人がたくさんいる。色んな事のスケールも大きくなるけれど、知ってみるのも良いと思う。これは書きながら自分にも言っている。あんなにイギリスに居て英語が話せない。そろそろ隠しきれないので今年は発音をネイティブレベルに引き上げたい。英語が話せると世界中で話せる人の数が増えるもん。まだまだやることがたくさん。

「一つ目の経験があるからこそ、二つ目はもっと素晴らしくなる」

2018年1月5日金曜日

2018年が

東京に戻って来ました。
いつものお正月とはまた違った感じでしたが、帰るところがあるというのはとても有り難い事です。帰ってしばらくするといつもの心が戻ってくるように、全て楽しいものに見えて仕方がなくなります。この心を忘れないように2018年は多くの分野に触れていきたいです。


この写真をインスタグラムのストーリーに「HAPPY NEW DEER」と載せたところ色んな方々からメッセージを頂き、こんなにたくさんのお会いした事がない方も見て下さっているのかということに驚き、温かいメッセージに新年から感謝の気持ちが溢れました。
たまに写真やサイン求ムを言って下さる方がいらっしゃって、だけど受付とかに書くような普通のサインしか知らなくて、写真も普通に撮るのが物凄く苦手でして無愛想な感じになってしまいました。

笑顔や。昨年末誓った笑顔や。

頑張ります。サインも気の利いたものを考えてみます。

奈良の好きな場所をたまに聞かれるので奈良駅周辺だと
東大寺二月堂

ちょっと東大寺からは離れてならまちをずっと行ったところにある


萬御菓子誂處 樫舎さん


お善哉を頂きました。夏は美味しいかき氷が食べられます。

奈良ホテルは建物が好きです。一度は泊まってみたいです。


奈良駅周辺じゃなければ、明日香村はなかなかコアで、十津川村の小さな温泉も大好きです。
室生寺にも行ってみたいし、山添村も。
この二つは今年行こうと思っています。行きたいところへは全部行きます。

2017年12月31日日曜日

2018年の私へ

今年は色々な事がありました。1月のフィレンツェ、ピッティウオモでのsulvamのコレクションに始まり、2月から「綱引き」の演目の舞台の稽古に入り本番、5月のニューヨークでの撮影、CMにそしてずっと兼ねてからの目標にしていたミセスの撮影、人生で一度は行ってみたかったアイスランドにも行きました。今までも「今年が一番最高」と思って来たのですが、今年は色んな仕事に出会いました。その中でも大きく浮かび上がるのはそれぞれの「人」の存在なのですが、どの方との出会いも、長く続けてきたからやっと出会えたんだ、やっと一緒に仕事をすることが出来たんだと思えました。巡り巡って「やっと」ということがとても多かったです。
偏に「表現の幅」という言葉で言い表せるのかもしれませんが、それぞれにまだ足を突っ込んだだけなので、まだまだ初めて知る事ばかりで、出来なかった事や悔しい思いをしたこと、たくさんあります。
そのブラッシュアップを来年は行って、より一層深く追求できるよう努めたいと思います。真面目なことばかり言っていて、何だか堅めなので、来年は一つ柔らかめの、自分にとって「その風、人生で吹いてないわ」ということにも挑戦しようと思っています。

今年の最初にほぼ日手帳の撮影の話を書きました。
今2017年の1日1日のページを見ていて、最初はきっと日記代わりにしようと書き始めていたみたいです。舞台の稽古が忙しくなってからは、「朝11時11分に家を出てどこかで板チョコを1枚買って行く」で終わっていたり、稽古中に気付いた事や、疲れ果てて全く書けていない日もあります。舞台が終わった4月の半ばからは恐らく解放されて現実の世界に戻るために思いっきり外にエネルギーが向いていたんでしょうか、物凄く楽しかった記憶はたくさんあるのですが2ヶ月くらい何も書いていません。
そしてそのあとはこの2ヶ月で出会った方々からヒントを得たのか、急に日記ではなくて雑誌や本から得た情報や今日作ったご飯のこと、レシピ、手土産のこと、人に聞きたい事、洗濯の上手な方法、英語の事、何だか今まで自分の中には無かった丁寧に生きて行く術を書き始めています。
これを見ていてもこんなことを考えながら1年を過ごしていたんだな、でも大きく自分が何をやりたくて、何を知りたいと思っているのか、それがとても分かりやすいです。この2017年を通して来年にやりたいこと、どうしていけばいいかそのヒントが隠されていました。

ほぼ日手帳は最初手に取った時、A5サイズで大きくてこんなに書くところが多くて使いきれるかなと思ったのですが、1年使ってまた来年も使いたいと思い、結局2018年版も購入しました。私なりのほぼ日手帳の楽しみ方が分かったみたいなので、2018年も一日何か一つでも感じた事なんでもいいので未来の私に渡して行こうと思います。

2017年は本当に色んな経験ができてとっても素晴らしかったです。こればかりはもう皆様のお陰でしかなく、心からの感謝です。素敵な経験をさせて頂いてありがとうございました。来年は色んな分野からアプローチをかけながら自分というものをより一層磨けるよう進んでいきます。なぜだか分からない2018年へのワクワクがとまらないです。皆様良い良いお年を御迎え下さい。


隣にいるのは今年最後の撮影で会ったキャスです

ヨイヨイ

2017年12月30日土曜日

鍋の中に

eatripの野村友理さん企画演出の食の鼓動に行って来ました。3時間ほど前に終わった出来事なのですが、まだ何かが溢れて止まりません。


御料理と音楽とタップダンスとこんなコラボができるなんて。
素晴らしい演奏とダンスが続き、タップの音が色んな食材を切っている音に聞こえたり、言葉に全く出来ないのですが、音楽やダンス、目と耳で感じるのに加えて、御料理もその場でこの幕の中で作られて


匂いまでも重なって。

こんなパフォーマンスがあるなんて、本当に感動してしまいました。
最後に聞こえた重みのある鍋の蓋の閉まる音にはここにいる皆との時間がつまっていました。

今年もたくさん舞台やライブに行きましたが、最高の締めくくりになりました。
最後の最後まで素敵な出会いもあって、やっぱり食が繋ぐものは素晴らしいです。



2017年12月23日土曜日

地球の救い方

大層な題にしてしまいましたが
昨晩、フードコーディネーターのあさちゃんとダンスを観に行って来ました。
(あさちゃんは大学が同じで、食品栄養学科を卒業しています)



昨年、舞台のオーディションのために少しの間、ダンススタジオに通ったことがあって、そこのスタジオで講師も担当されている松田先生が今回出演されていました。

ダンスのことは全然分からないのですが今回、松田先生が舞台の上で表現者として踊っていらっしゃるのを見て、緻密なダンスに、そしてこれまで物凄く自分と向き合って、努力をなさってきた方なんだというのがとても印象に残りました。その他に3名の凄い方々が出ていらしゃったのですが、それぞれの素晴らしいところが見えて、モデルも一歩歩くだけで性格が分かると言われるのですが、ダンスをされている方も性格が出るのだなと思いました。もちろん素晴らしいという意味です。
内にこもる密度の高い熱や、爆発的な放出力、与えるものや、チャーミングさ
やっぱり笑顔って大事。それを心から思いました。
私は昔から笑顔が下手くそなので、「やっぱり笑顔って地球を救うかも」というのが昨日の一番の心に留まった事です。これはあさちゃんと来年のテーマにしました。

生身の人間の凄さと可能性と身体のマネージメント力、素晴らしかったです。


2017年12月22日金曜日

チャイの旅

昨日、大阪にいるチャイの師匠、神原さんから
「先日の日曜日、50杯のチャイを作った」と写真付きで連絡を貰って、師匠元気かなと思っていたので、超絶嬉しかったです。

超絶嬉しかったので、写真を特大サイズで載せます。はみ出しています。

メールは今も続いているのですが、お互いに言いたい事だけ言っています。それが可笑しいです。そして今日は埼玉まで行く用事があったので、少々長旅になるなと、師匠に直伝して貰った淹れ方と茶葉で、チャイを魔法瓶に入れて持って行きました。
最近ドラえもんカラーの魔法瓶を手に入れたのですが、魔法瓶の保温性の凄さに驚いています。

新人の頃にかっこいい先輩が、現場でケータリングの飲み物を飲まずに自分で作って来た温かい飲み物を魔法瓶に淹れてきて飲んでいたのを見てかっこいいと思い、その当時私は東京に来たてだったのでこれでもかというくらいお腹いっぱいにケータリングを食べていました。
そして今やチャイをドラえもんに淹れて持ち歩く自分に、まぁ特に何も思わないけれど、神原さんのチャイを淹れて持っているという事に嬉しさを覚えました。

来年はもっと色んなチャイを師匠から学ぼうと思います。