2017年7月23日日曜日

flake jewelry

flake jewerlyのlookの撮影の前に他の雑誌でflakeのジュエリーを着けていて、その写真をインスタグラムでアップしたところ、デザイナーさんからいいねが返ってきました。なかなか無いことだったので嬉しかったことを、デザイナーの吉岡さんに撮影でお会いした時にお伝えしました。撮影も一緒に楽しんで下さって、昨日は吉岡さん含めチームの皆さんと打ち上げという名の人生の語り合いをしました。

写真はko-ta shojiさん

先月道を歩いていて、バッタリ偶然なぜか人に沢山会う日にshojiさんに宮益坂で会いました。shojiさんはスタイリストさんだったのですが、今は写真とスタイリングの両方をされるようになって、そのバッタリお会いした日の先週は、ちょうど久々に事務所の社長から雷雨ほどじゃなく、のちに狐の嫁入り霙雹みたいなものが私に落ちた時でした。

「もう一度初心に戻りなさい」

社長の言葉はいつもハッとすることばかりなのですが、「私ね今年古希なのよ。あの人年とっちゃったなって思われるのか、こんな年齢まで仕事バリバリ続けてるのよ、って思うのか自分の心の持ち方で全然違うわよ」 私も生涯現役でいきたいと思っているのでこんなに近くにカッコいい人生の女大先輩がいると思うと、頭が上がりませんでした。
色々なことを確かめるべく自分の初期からの写真をずっと見返していて、その中にshojiさんがスタイリングを初めて施してくれた作品や


Ph Takao Iwasawa

私に最後にスタイリングをして下さった作品に

Ph Itsumi Kamiya

Shojiさんが初めてカメラを向けて下さった写真

shojiさんがフォトグラファーとして世にバンバン出る前に少し撮影していた写真

ここ数年で顕著にshojiさんは自分のやりたいこと、するべきところを自分自身で進んでいる人だなと思っていました。

shojiさんとは初めての撮影が北海道弾丸ロケで、簡単に言うと雪に放り込まれる撮影だったのですが大変な撮影程終わった時の皆さんへの感謝と撮影時のことは忘れないです。終わって控え室に戻る時、寒いを通り越していたので私の鼻水がボーちゃんみたいに垂れ下がっていて、その感覚もなくて全く気付かず話し続けている私の鼻水をサッと素手でふいて下さったという、いや忘れないわ。鼻水を素手で拭いてもらった御恩一生忘れないわ。

そんなこんなで久しぶりの再会だったけど、本当に変わらず寛容な優しい人だなと思いました。不思議なのですが、あの撮影の時に気配を消す感じがどことなく不思議なshojiさんのシャッター。構える前は全然違うのにな。

2017年7月22日土曜日

三杯酢

きゅうりとワカメを使ってまた酢の物を作ろうと思い、今度は三杯酢で味付けをしました。しょうゆ、みりん、酢を同量ずつ合わせるのが三杯酢だそうなのですが、どうもお醤油が目立つなぁと思っていたので、ほんの少しお醤油を控えることで、甘味が立ってきゅうりもワカメもとてもおいしくなりました。

全然関係ないけど三杯酢ってサンバイザーみたいや。多分これを口頭で誰かに行ったら2秒くらい沈黙を与えてしまいそうなので自分のブログにて呟き
おそまつさまでした。

2017年7月21日金曜日

てんぷら

この前図書館に行って、俄然今は食の本に興味があるので、何気なく手に取って見ていたところ天ぷらの本でした。

「食べることは、生きること」
銀座にある「てんぷら近藤」という天ぷら屋の店主の近藤さんが書かれたもので、
天ぷらを通して人生をも教えて下さる本でした。活字を読むのが苦手な私ですが、非常に読みやすくてほんの数時間で読んでしまいました。やはり仕事というのはそれを通して人生を知ることになるなと思い、もちろん人の繋がりもそうなのですが、突き詰めて突き詰めて研究するというのは必ずや自分だけではなくその先に何かあるからです。色んな人の著書や、色んな凄いなと思う人の先にはいつも共通したものがその先にあると思います。

なかなか今まで食に興味が無かったので、皆の行きたいところに行くというのが私なのですが、この本を読んで、「てんぷら近藤」には必ず行こうと思いました。こんな心の在る天ぷらを食べるのは人生でこの先あるか分からないと思ったので、やっと自分でも行きたいと思うお店ができました。そのためにも頑張ります。

そして行く前にこの本の通りに一度天ぷらを揚げてみて、それから行こうと思います。

2017年7月20日木曜日

一皮むけたトマト

恐る恐る天ぷらを作った日に、何方かと言えばざるそばのつゆに近いような味の天つゆを作っていたので、みじん切りにしたたまねぎに少しかけて、湯むきした冷やしトマトと一緒に食べました。
トマトの青臭さと、たまねぎの甘さと食感が絶妙で、って多分今まで食レポが出来なかったのはお野菜本来の味を知らなかったことが一つの大きな原因だったんじゃないかと気が付きました。それに加えて、お野菜本来の味を引き立たせる調理法やお野菜の合わせ技を感じれば、きっとそこから色んなことへの思いやりを知ることができるかもしれません。

そうすれば本来と色んなものの混ざり合いでも何かが見えて来るかも知れない。そしたら食レポの基礎もできるかも。ピカーン


衣食住って人生をかけて知って行く大切なことなんだわ

2017年7月19日水曜日

ホトトギス

昨日、野村萬斎さん主演の映画「花戦さ」を観て来ました。なかなか映画館で映画を観ることが最近少なくなってしまっていたのですが、河瀬直美監督の映画「光」も先週シアターイメージフォーラムで観て来ました。小さめの劇場が結構好きなので、シアターイメージフォーラムが自分の中では結構好きな映画館になりました。
神戸元町の元町映画館や奈良まちにある青丹座(ここは本当に小さい)も結構好きです。

さてさて「花戦さ」ですが、皆が知っているような歴史上の人物がたくさん出ていらして、この武将、あの俳優さんか!と男ばかりの人物が次々と出て来て面白かったです。実際に歴史上の戦国武将にお会いしたことはないのですが、この人はあの人だろうなというなんとなくの外見の印象がどこかにあって、だいたい歴史だと最初は「日本の歴史」とかドラえもんの歴史の本とかで私たちの将来のためにやさしく触れることが多かったので、大人になってから観るもので随分作品によってその武将の印象というのが次々に変わっていきました。

実際にもう少し学びにかかる中学生のときは
あの有名なホトトギスの歌で

「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」
「泣かぬなら泣かしてみしょうホトトギス」
「泣かぬなら泣くまで待とうホトトギス」

とどの人が良いかと結構皆言い合ったもので
あまり奥深く知らず、教科書の太文字や文章から判断してしまっているところがありました。


そしてその時代の武将と共に、究極のクリエーションをしている方々が出ていらっしゃるのですが、それぞれの方々のメッセージもあって、一番最後「完」の文字が現れた時には

「大バカ野郎を救えるのはバカ野郎なんだな」と思いました。


野村萬斎さんは一昨年、世田谷パブリックシアターで「藪原検校」で初めてお芝居を見させて頂いて、人間の持っている才能やエネルギーを最大限に使っていらっしゃると感激して、ずっと今もその感激を忘れていないです。

the theater guidより

この夏にも平家物語を現代劇に転化したものをなさるようで、それをまた私は楽しみにしています。

2017年7月18日火曜日

テラノザウルスの大爆笑


僕にこんな美味しいそぼろが出来上がるなんて。感動の嵐

高校生の時に2年間同じクラスで仲の良かった天才の女の子がいたのだが、彼女は性格もよくて明るくていつも笑ってて、とにかく笑ってて、思いっきり笑うとテラノザウルスみたいに笑う。その彼女と二年間お弁当を向かい合わせで食べていたのだが、彼女のお母様がよくそぼろのお弁当を作ってくれていた。彼女がお弁当を開けた瞬間のメニューによって、私と彼女の向かい合わせの距離感は計られるのだが、なぜなら彼女がそぼろ弁当の日は決まって、私のお弁当もそぼろ弁当になるからだ。

そぼろを食べながらのテラノザウルスの大爆笑


お母様のそぼろくらい美味しく作れる年齢になりました。

2017年7月17日月曜日

今日は酢

冷たいお蕎麦を作るのに茗荷を買っていたので、その茗荷とシラス干しを使ってきゅうりの酢の物を作ろうと思いました。きゅうりに塩をふって水洗いをして絞っておいていたのですが、その後他に色々作っている間に最終全てが整って、酢の物だと思って食べたら全然酢の味がしないなと、でもとても美味しかったのでいいやと思って食べました。
夜寝る前に一日を振り返って、そういえば塩をふっただけだったことに気が付いて、でもきゅうり本来の美味しさをなんとなく知った気分だったのでそれはそれで良かったと、朝目が覚めて、今日こそは酢の物にしようと思いました。