2017年11月15日水曜日

1111

今年も無事に誕生日を迎える事ができました。たくさんのメッセージと、事務所にもとっても素敵なお花をありがとうございました。

11月11日と1並びのお陰でたくさんの方が覚えていて下さって、久しぶりに高校の友人や大学の友人とメッセージのやり取りをしました。当日は膝関節のテレビを見ながら名古屋のビジネスホテルで迎えたのですが、兄夫婦からのメッセージが一番最初で、お姉ちゃんがいるという私にとって初めての誕生日でした。そこから始まって、1日名古屋でお仕事をして、誕生日が終わる最後の最後までとっても素敵な時間を過ごす事ができました。

そしてWacoalさんのCMがちょうど11月11日から流れています。


テレビでは30秒バージョンですが、是非3分バージョンもこちらで見てみて下さい。

「失恋」「思春期」「挑戦」「出産」4人の女性のターニングポイント
『これまでも、これからも。より美しく』
Director Naoko Tajima
Camera Taiji Tajima
Music Arielle Paul and Dan Gross
Hair&Make Haruka Tazaki

2017年11月1日水曜日

くりきんとんの数

そして親戚にも会いに行きました。再従姉妹という存在で母の従兄弟の子供同士なのですが、小さい頃一緒に遊ぶのが本当に嬉しくて、途中高校や大学やと、会う機会は減ってしまっていたのですが、誰かが結婚をして、家族が増えて、今回皆で食事をしました。それがまた大人になったので何か特別な事もということもなくあの時のまま楽しい時間が過ぎて行きました。

岡山は来る度来る度、特にお仕事では非常に学びが多くて、モデルとしてもなのですが人間的に学ぶ事が多いです。街を歩いていても、色んな優しさの機会に触れる事が多くて、新幹線のみどりの窓口の駅員さん、お土産屋さんのレジの方、素敵なカフェの店員さん、

本来の、「お店の人とお客様との関係」の前に感じる、「人としての何か」それがお店の人とお客という一瞬の肩書きを借りて伝わる一瞬の事がとても温かくて。
長い目で見ても、きっと何かがずっとジワジワ心に伝わるし、そんな積み重ねも感じたりしました。そういう姿に直接触れたりすることが岡山に来るととても多いのです。年に二回程しか来れないのですが、毎回また行こうと思うところが増えて来て、手土産のくりきんとんの数が増えるばかりです。


2017年10月31日火曜日

ポン酢

そして毎回岡山に来る度、倉敷に会いに行きたい人がいます。天満屋のインポートブティックemmaのご夫婦です。何年か前に展示会でモデルのお仕事をさせてもらっていて、そこに買い付けにいらしていました。
いつか会いに行こう会いに行こうと、なかなか岡山に行く機会がなかったのですが、去年からその機会が増えて、年に二回くらい会いに行くようになりました。

優しい笑顔で迎えて下さって、倉敷の名物をいつもお土産に用意してくれていて、前回頂いた倉敷グラスは大切に使っています。今回はとっても美味しそうな味噌ぽんずを頂きました。
先日関西のお友達とポン酢の話で一瞬盛り上がったのですが

関西人の二人は「これや」言うて
その時お鍋でポン酢が無くなったので、次回は頂いた倉敷名物味噌ぽんずでいただきます。


束の間の滞在でしたが二人の笑顔と元気な姿が見られてとっても嬉しかったです。


2017年10月30日月曜日

栗きんとんとチャイと河童

久しぶりにお仕事で岡山に行って来ました。岡山には親戚も居るので親戚と、行く度必ず会いに行く人たちが居て、いつも色々東京からお土産を持って行くのも楽しみです。
でもいつも持って行った以上に持って帰るものが多くて、有り難い気持ちでいっぱいです。

今回持って行ったのは恵那川上屋さんの栗きんとんです。色んなところに行く度に持って行きたいと思うのですがそれこそ生菓子でお砂糖が入っていないので賞味期限が一日しか持たず、そして東京では二子玉川にしか売っていないと思っていたので、若干難しめだと思っていたのです。
がしかし、品川駅構内で見つけて、その嬉しさあまり道行く人に配りたいくらいの量を買いました。それを持って、岡山に着き、空き時間に向かったチャイの師匠の現場。
前回のブログに書いた、僕のチャイの師匠が岡山大学のJカフェで出店をしていたので、そこに栗きんとんを持って行きました。師匠のマサラチャイを頂き、本当に美味しい。いやはや練習しても、師匠の味と全然違う。
後ほど師匠に聞いたらチャイは全部売り切れて、本も全部売れたそうな。次どこかで出店するときは必ずやお手伝いに向かいたいと思います。

そして同じくJカフェで出店していた大阪からお越しの河童堂さんの絵がとても可愛くて
最近携帯が壊れてしまったので、前の携帯には素敵な頂き物ステッカーが貼ってあったのに、携帯会社に返してしまい、新しいステッカーを求めていたところに河童堂さんの猫とカエルシリーズを見つけて、from大阪カッパ堂だけれども岡山に来た思い出の一つに買って返りました。

是非携帯を見かけたら「これか」と心の中で思って下さい。

岡山編まだまだ続きます。


2017年10月25日水曜日

神原スタンプ

以前ブログに書いた僕のチャイの師匠神原さんが11月28日に岡山大学のJテラスで開催される「イチョウ並木の本まつり」に出店します。お手伝いをしたかったのですが、この日お仕事になって、でもとっても嬉しい事に仕事場が岡山です。どこか朝の入り時間前か、お仕事の合間に行こうと思っています。

「寒いのにアイスチャイです」苦笑 
と師匠が言っていました。初めて会った時に師匠のアイスチャイを飲んで、こんなにチャイって美味しかったんか!と衝撃を受けたので寒いけれど是非飲んでみてほしいです。

前回師匠に会った9月9日のワークショップは、ちょうどアイスランドから帰って来た次の日に大阪の池田市にあるフェルトさんで行われました。師匠を通して本に携わる方々との出会いや、それこそ少なからず会話を毎回少しずつ師匠と交信?更新できることが嬉しく、でもチャイという表現で一つ会話がなされているようにも思います。

今週末のことを考えるとワクワクが止まらないです。


2017年10月21日土曜日

民族

KOSHIRO EBATA 2017ss NIRVANA collection piece
Ph 広川泰士
Styling 伏見京子
hair TANO
make nao yoshida
prop 大吉

色々設定があって、
長老とその妻(model/明秋氏・松本智恵子氏)

この民族の戦士(model/大吉氏)

その村の少女 (hacoちゃん)

長老の孫です。

詳しくはkoshiroebata氏のインスタグラムより

この撮影の時にレファレンスが壁に飾ってあって、ファッションのものが多かったのですが、写真があがってきて改めて民族がいるようなところに行ってみたいと思い、色々調べていました。

ケニアのキクユ族

美しい

サハラの地ワダベ族のコンテスト

モンゴルにもいつか行ってみたいと思っていて、私の中ではスーホの白い馬の影響が大きかったのが、首都ウランバートルの画像を見たら完全にシティで、しかも最近の遊牧民はWi-Fiを駆使していると聞いて更に衝撃を受けました。


2017年10月18日水曜日

サチさん

伊勢丹のサロンドパルファンで開催されている「資生堂フレグランス100年の軌跡」を見て来ました。
事務所の先輩サチさんの2004年5月号の花椿の表紙が2007年の資生堂の香水と共に飾られていました。

展示はとても小さかったのですが、いつもサチさんの写真を見ては、いつの時代も色褪せない写真を残していて、ホンモノだなと思って見ています。サチさんの写真を見ているとその時の瞬間や空気が想像出来るんです。ずっと生きてるというか、写真から呼吸が感じられるんです。

前にも少し書いたことがあったと思うのですが、サチさんとアンジェラさんの二人で撮られた写真が本当に格好良くて、いつかこんなカッコイイモデルになれる日が来るんだろうかと夢と途方に暮れている日々を過ごしていました。いつまでも尊敬している二人なのですが、その二人に1年で2回会える場所があります。matohuのショーです。


matohu 2018ss 「かざり

今回フィッティングが終わった後、表参道を歩いていたら
「すみません、カットのモデル御願い出来ませんか」と顔を上げてみるとサチさんで
こういうところも素敵なんです。

何だか思わずというか一気に気分も上がり、口がパクパクして、「ハグしても良いですか?」とそんなことを言えるようなアレでもないのですが、多分この時私に必要だったのは先輩だったんだと思います。